行動分析学(行動心理学)とSEO

行動分析学(行動心理学)とSEOの関係について解説します。

 

そもそも行動分析学(行動心理学)とは?

行動分析学とは、環境によって人の行動がどの程度変化したかを記録していくことで、人の行動の”原理”や”法則”を導き出す学問のことです。また、心理学とは、人が本来持っている心の働きや行動を研究する学問のことです。

 

検索エンジン自体には感情がない

検索エンジンを作ったのは人間ですが、検索エンジン自体に感情はありません。「このウェブページには、憎しみが含まれているから、検索順位を下げる」、「相手に対する不満があるから検索順位を落とす」といった感情での評価基準は採用されていません。

将来的にはこのような評価が採用されるかもしれませんが、それは何十年後かの話です。

 

コンテンツを読むには”人”である

検索エンジン上では、クローラがウェブページを巡回し、新しいページを発見すると、インデックスに登録されます。クローラは、コンテンツをデータとして読み取ることはあります。ですが、情報を読み、感情が働いて、自ら行動するということになりません。人は、コンテンツ上で表現された情報を読み、感情が働き、自ら行動することができます。

コンテンツは人が読むものである。検索エンジンを利用するのも人です。

 

感情により、周りの人に影響を与える

人には、心というものがあり、その働きによって様々な感情を生み出します。また環境によって感情は変化します。その感情は、他者にも影響を与えます。

検索エンジン上やソーシャル上で情報が公開されたとします。人はその情報を読み、理解し、感情が働きます。その感情を、検索結果上やソーシャル上で言葉として投稿すると、周囲の人に影響を及ぼします。

周囲が影響されると、それぞれ各自で感情が働き行動しようとします。その行動の中には、検索エンジンのランキング要素となっている外部リンクを発生させる、Twitterで自分の気持ちを投稿するなどが起こります。

つまり、検索エンジン自体には感情がないですが、人に影響を与えるようなコンテンツを制作し公開することで、間接的に検索結果上でランキングを上げる効果があります。

 

人に影響を与えるようなコンテンツを制作するには?

人に影響を与えるようなコンテンツを制作するには、コンテンツで表現した情報(環境)が、どのように人の心や行動に影響を与えるかを研究する必要があります。

その場合は、心理学を学ぶと良いです。そもそも心理学とは、人の心の働き(感情)や行動を研究する学問です。

検索者に伝えたい情報を、言葉としてコンテンツで表現する場合に表現のさせ方で、人の心や行動も変化します。

コンテンツを読んだ検索者が、良い結果を生むためにも、ライティング技術を習得されると良いです。ライティング技術の中にはコンテキストといったものも含まれます。

ライティング技術といっても、物心ついた頃から数多く書籍の言葉に触れて自分でも執筆されている方と素人では差があります。

ご自身で運営される方などは、今から1歩ずつ学ばれることをおすすめします。千里の道も一歩から。