WordPressのコメント欄を表示させない方法

WordPress (ワードプレス)のコメント欄を表示させない方法を解説します。

 

WordPressにログインする

WordPressを設置した箇所(URL)に、

 

例:

http:/www.○○.com(WordPressを設置した場所)/wp-login.php

 

/wp-login.phpを付け加えることで、

 

ログイン

 

ログイン画面にアクセスできます。

画面に入力する

 

アクセスしたログイン画面に、WordPressをインストールした際に登録したユーザー名とパスワードを入力します。

 

入力後、間違いがないか確認し、水色の「ログイン」ボタンをクリックします。

 

管理画面

 

クリックすると、WordPressの管理画面に移動します。

 

投稿した自動的にコメントフォームに閉じるようにする

コメント欄を表示させないようにしたい場合、自動的にコメント欄(フォーラム)を閉じるようにすることができます。

 

設定

 

まずは、WordPressの管理画面の「ダッシュボード」から「設定」をクリックします。

 

ディスカッション

 

クリックすると、プルダウンメニューが表示されます。この中から「ディスカッション」をクリックします。

 

ディスカッション設定

 

クリックすると、ディスカッションの設定画面になります。こちらで「他のコメント設定」の「14日以上前の投稿のコメントフォーラムを自動的に閉じる」というのがあります。

 

自動的にコメントフォーラム閉じる

 

初期設定では、14日以上前の投稿のコメントフォーラムを閉じるように設定されています。赤枠の部分で、自由に日数を設定でき、それ以上前のものは、コメントフォーラムが自動的に閉じられます。

 

0日前以上

 

日数設定では、「0」日以上前の投稿のコメントフォーラムを閉じることもできます。日数設定を行った後は、チェックボックスにチェックを入れます。

 

変更を保存

 

チェックを入れた後は、ディスカッションの設定画面を下にスクロールすると、水色の「変更を保存」ボタンがありますので、こちらをクリックします。クリックすると、設定した日数以上前の投稿のコメントフォーラムを自動的に閉じることができます。

 

投稿したページのコメントを許可しない

WordPressでは、投稿したページのコメントを許可しない設定にできます。

 

まずは、管理画面から、

 

投稿

 

「投稿」をクリックします。

 

投稿一覧

 

クリックすると、プルダウンメニューで「投稿一覧」をクリックします。すると、投稿されたページが一覧で表示できる画面になります。こちらで上にある「一括操作」をクリックします。

 

一括操作

 

クリックすると、プルダウンメニューが表示されますので、この中から「編集」を選択します。

 

投稿しないものを選択

 

選択すると、「一括操作」から「編集」に切りかわります。この状態で、コメント欄を表示したくないページにチェックを入れます。

 

適用

 

コメント欄を表示したくないページにチェックを入れた後は、「編集」の横にある「適用」ボタンをクリックします。

 

編集

 

クリックすると、編集画面があらわれます。選択したページのタイトルなどが確認できます。こちらで「コメント」の「ー編集なしー」をクリックします。

 

許可しない

 

クリックすると、プルダウンメニューが表示されます。こちらで、「許可しない」を選択します。

 

編集画面

 

選択すると、編集画面のコメントが「許可しない」に切りかわります。この状態で水色の「更新」ボタンをクリックします。クリックすると、選択(チェック)したコメント欄を表示させたくないページ内のコメント欄が表示されなくなります。コメントが投稿できない状態になります。