人工知能がWebサイト分析を行ってくれる「AIアナリスト」

株式会社WACUL(ワカル)が提供している人工知能がWebサイト分析を行ってくれる「AIアナリスト」について解説します。

新規登録(無料お試し)

今回は無料お試し版を新規登録します。まずは、AIアナリスト(https://wacul-ai.com/)にアクセスします。

無料お試し

「無料お試し」ボタンをクリックします。

お試し版お申し込み

サイトの下部に移動します。メールアドレスを入力する画面があります。こちらで、現在使用しているメールアドレスを入力します。フリーメールアドレスでもOKです。

入力後、「この内容で申込む」ボタンをクリックします。

確認メール送信

クリックすると、入力したメールアドレスに登録用メールが送信されたというポップアップが表示されます。

新規登録の手続き

メールクライアントソフトなどを確認すると、「新規登録のお手続きを完了させてください」というメールが届きます。

新規登録を進めるために、

https://wacul-ai.com/analyst/register?code=○○○○

このようなURLが掲載されていますので、こちらをクリックします。

新規登録

クリックすると、「新規登録」画面になります。確認用メールを受けとるために使用したメールアドレスが表示されています。登録のためには、名前の入力、パスワードの設定を行います。

入力が完了した後は、「新規登録」ボタンをクリックします。

新規サイト登録

クリックすると、登録が完了します。

新規のWebサイト登録

「サイトを登録してください」と表示され管理画面に現れます。こちらで右側にある「新規サイト登録」をクリックします。

サイト登録

クリックすると、「新規サイトを登録」するためのポップアップが表示されます。こちらで、サイトを登録します。

サイト名:サイト分析を行いたいサイトの名前を入力します。

運営する会社/組織名:会社名や個人事業主であれば屋号を入力します。

アクセス分析データの連携:アクセス分析データの連携を行いたいツールを選択します。今回はGoogleAnalyticsを設定しています。連携する場合は、Analytics上にAIアナリストで追加するWebサイトがなければいけません。

普段からGoogleAnalyticsを使用しているのであれば、Analyticsに設定しておいた方が良いと思います。

データの連携

流入元の表示方法を選択:今回は、「デフォルトチャネルグルーピングを利用する」を選択します。ほとんどのWebサイトはこちらで問題ありません。

流入元の表示方法

トップページのURL(PCサイト):PCサイトのトップページのURLを入力します。

(スマホサイト):PCサイトのトップページのURLを入力します。

レスポンシブウェブデザインの場合は、両方にPCサイトのURLを入力します。

登録する

新規サイトの登録設定が完了したら、最後に「この内容で登録」ボタンをクリックします。

連携を承認

クリックすると、ウェブブラウザ上で「AIアナリストが次の許可をリクエストしています」と表示されます。今回は、GoogleAnalyticsとの連携を行いますので、「承認する」ボタンをクリックします。

選択する

クリックすると、GoogleAnalyticsとの連携できます。AIアナリスト上でAnalyticsに追加したWebサイトが確認できます。この中から、新規サイトで登録したWebサイトを選択します。

サイトを選択する

(今回は、レスポンシブウェブデザインのサイトで行っていますので、選択されたサイトが一緒になります。)

選択する場合は、PCサイトの設定はオレンジ色の「選択」ボタンで行います。

スマホサイトは、緑色の「選択」ボタンで行います。

登録する

選択が完了した後は、「この内容で登録」ボタンをクリックします。

サイトの追加

クリックすると、サイトの登録が完了します。

課題レポートの作成

課題レポート

課題レポートを作成したい場合は、登録したWebサイトから「+課題レポート」ボタンをクリックします。

クレジットカードの登録

クリックすると、「クレジットカード登録が必要です」というポップアップが表示されます。レポート作成には、クレジットカードが必要です。

今回は無料お試し版を利用していますので、クレジットカードを登録しても、無料でレポートが作成できます。お試しが終了しても、課金されることはないので、安心です。

レポートを作成しますので、「クレジットカードを登録」ボタンをクリックします。

情報登録

クリックすると、カードの情報を入力するポップアップが表示されます。現在はVISA(ビザ)とMasterCard(マスターカード)のみが使えます。今後は対応を増やしていきます。

幸運にも、VISAのクレジットカードがありましたので、カード番号・カード名義・セキュリティコードや有効期限の情報を入力します。

情報を入力後は、「この内容で登録」ボタンをクリックします。

開始

クリックすると、「無料お試しを開始しますか?」というポップアップが表示されます。

無料お試しの場合は、30日間は利用できます。無料の利用期間を過ぎると、利用が休止されます。休止から再び利用する場合は、クレジットカードから引き落としがあります。

また5月31日をすぎると、通常価格でクレジットカードから引き落としがあります。

無料お試しの場合は、1ユーザーで1つのWebサイトのみが対象となります。1サイトですが、無料お試しの期間は何度でも無料でレポートが作れます。

内容を確認し、「無料お試しを開始」ボタンをクリックします。

レポートの作成

クリックすると、「課題レポートを作成」画面になります。

こちらでは、課題レポートの名前や対象サイト・分析対象期間を確認できます。

分析設定では、CV・領域・ページグループ・検索ワードグループの設定ができます。

確認レポートを作成するには、必須となっているCV(コンバージョン)を設定しなければいけません。

CVの編集

設定する場合は、「編集」ボタンをクリックします。

CV設定

クリックすると、CV設定のポップアップが表示されます。

こちらでは、Webサイトの業界やサイトタイプをプルダウンメニューで選択します。

対象としたいCVを設定する項目では、「文字列で指定する」か、「GoogleAnalyticsに登録された目的から選ぶ」を選択できます。

指定したCVの「フォーム入口ページ」を定義することもできます。

更新

CVの設定が完了した後、「この内容で更新」をクリックします。

ルール

クリックすると、「CV設定」が編集されます。「CVルール」が加わります。

「CV設定」以外に、「領域設定」、「ページグループ設定」、「検索ワードグループ設定」も編集することができます。任意での設定となるので、設定しなくても課題レポートは作成することができます。

領域設定

領域設定

領域設定では、「URLを指定して領域を絞る」か「GoogleAnalyticsのセグメントから絞る」といった項目が選択できます。条件を追加することもできます。

ページグループ設定

グループ

ページグループ設定を行います。グループの種類を選択では、仲間ページグループ・同一ページグループといった選択できます。

検索ワードグループ設定

検索ワード

検索ワードグループ設定を行います。グループの種類を選択では、指定検索ワード・その他といった選択ができます。

保存する

必須であるCV設定やその他の設定が完了した後は、「この内容で作成」ボタンをクリックします。

レポート作成

クリックすると、レポートが作成されます。作成されたレポートをクリックします。

分析中

クリックすると、「現在分析中です」という表示が出ます。レポートを作成してすぐではAIが分析している最中です。

分析が完了するまでに5分以上の時間がかかる恐れがあります。

分析が完了

時間をおいて、レポートを確認してみます。すると、今回登録したWebサイトでは「課題が見つかりませんでした」と表示されました。

課題は発見できませんでしたが、発見されない原因として、

・サイト全体の訪問数が少ない

・各ページの訪問数が少ない

といった表示でます。これも課題の1つです。

集計データの確認

集計データの確認する場合、課題レポートで、

集計データ

右側にある「集計データの確認」という表示をクリックします。

データ確認

クリックすると、プルダウンメニューで「入り口ページ集計データ」と「経由ページ集計データ」が表示されます。確認したデータをクリックすると、詳細ページに移動します。

その他の機能

解決したい

新規で登録したWebサイトで「解決したい」という項目をクリックします。

解決したい課題

(今回登録したWebサイトには解決したい課題は表示されませんでした。)

クリックすると、「解決したい」課題が表示されます。

利用履歴

新規で登録したWebサイトで「利用履歴」という項目をクリックします。

利用した履歴

クリックすると、利用した履歴が確認できます。

サイト設定

新規で登録したWebサイトで「サイト設定」という項目をクリックします。

サイトの設定

クリックすると、新規のサイトを登録する際に設定した情報が表示されます。変更したい場合はこちらから変更することができます。更新する際は「この内容で更新」ボタンをクリックします。

サポート側にチャットで相談する

AIアナリストを運営している株式会社WACULのサポート側にチャットで相談するには、

チャットで相談

管理画面の右下にある「チャットで相談」という表示をクリックします。

チャットで相談

クリックすると、サポート側とのお問い合わせが可能なチャット画面が表示されます。