マーケティング

WEBコンテンツ制作

Pocket
LINEで送る

WEBコンテンツ制作について解説しています。

コンテンツって何?

WEBコンテンツを制作する上で、本来の「コンテンツ(Content)」というものを理解しなければ、制作することは難しいです。

コンテンツというのは、人が観賞できるようにした”情報”です。人が観賞できるようになっているため、文字や画像・映像に置き換えられています。

置き換えられた情報は、売り込みためのものではないです。本来のコンテンツというのは、娯楽としてユーザーを楽しませる・教え育てるものです。

コンテンツの必要性

コンテンツというものが理解できたと思います。では、そのコンテンツはなぜ必要なのか。

コンテンツは、情報であり、人は自己実現や目標のために行動を行います。その行動を促す・助けとなるものとして情報の中にある知識があります。

情報の中にある知識を得ることで、行動が促されます。行動した結果、自己実現や目標が達成できます。

自己実現や目標ができるため、人の欲求が満たされます。欲求が満たされた結果、価値が生まれます。

ちなみに、価値というのは人の肉体的、精神的欲求を満たすものです。

つまり、企業・個人において価値を生ませるためには、コンテンツが必要不可欠であるとも言えます。

また、本来のウェブサイトというのは、インターネット上で情報のある場所ということを指しています。

ウェブサイト上に、売り込みではない情報(コンテンツ)を制作し配置するのは、当然のことです。

制作

・企画立案(プランニング)

コンテンツを制作するためには、企画立案を行わなければいけません。

ここでの企画とは、コンテンツを制作するため、計画を立てることです。計画を立てるためには、目標・目的を設定しなければいけません。

コンテンツを制作する目標・目的は、基本的にはユーザーにコンテンツ(情報)を通して、知識を得てもらい、価値を生ませることにあります。

価値が生まれることで、それに対しての対価が支払われます。いわゆる、コンバージョンと呼ばれるものです。

・脚本(シナリオ)

コンテンツを制作するには、脚本(シナリオ)も必要となります。

コンテンツを読んだユーザーが、どのような筋道で、情報を理解してもらい、行動させやすくするか。

・情報収集

コンテンツの脚本(シナリオ)を作るためには、より具体的に事情や知識を文字化する必要があります。

そのためには、コンテンツに載せる情報を収集します。情報は、より確かなものでユーザーが納得できるものを集めるようにします。

・取材

情報収集と似ていますが、コンテンツの制作や脚本(シナリオ)を作るために必要な材料を、人の話や物事などから、取り集めます。

・執筆(ライティング)

執筆(ライティング)とは、文章を書くことです。

では、文章は誰に対して書くのか。これは、”ユーザー”です。ユーザーが情報の中にある知識などを理解しやすいように文章を書いていきます。

・校正

ライティングしたものは、文字・文章を比べ合わせ、誤りを正していく必要があります。こうすることで、ユーザーが理解しやすい文章に近づけていくことができます。

誤りが多いと、ユーザーにとっては苦痛であり、情報を理解する上での障害となります。

・構成

コンテンツというのは、まとまっている情報です。つまり、情報収集や取材してきたものを集めて、ユーザーが理解しやすいように、全体を組み立てる必要があります。

サービスの詳細

・コンテンツ(記事)の校正のみ

企業・個人が作成した記事のユーザーが理解しやすいように校正を行います。こちらは、校正のみのサービスとなります。

コンテンツ(記事)1つからでも対応可能です。

流れ

・お問い合わせ

・企業・個人で内製化したコンテンツ・記事をこちらに入稿。

・入稿したものを確認し、校正。

・校正後、利用者に確認して頂き、問題がなければ納品。

料金

1度、お問い合わせください。

・コンテンツ制作

既存のウェブサイトにおけるWEBコンテンツを制作します。企画立案から、脚本(シナリオ)制作・ライティング・校正等を行い、納品。

料金

1度、お問い合わせください。

Q&A

Q.全国対応していますか?

A.はい。関西近辺であれば、直接お伺いすることも可能です。

お問い合わせ

サービス・料金等に関するお問い合わせはこちらのフォームからご連絡ください。メールアドレスに直接お問い合わせしたい場合は、こちらからお願い致します。

お問い合わせの際は、対象となるサイトのURLを記入ください。