サービス

ウェブサイトにおける”ユーザー体験シナリオ”

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

ウェブサイトにおける”ユーザー体験シナリオ”について解説します。

ユーザー体験シナリオ

ユーザー(見込み顧客や読者など)を、実際に経験させるために、ユーザーと企業・個人の関係をプロセス(進行・過程)を実時間順に作り、台本(シナリオ)を完成させます。

台本(シナリオ)を完成させることで、ユーザーと行動を理解しやすくなり、より深い関係に繋げるための改善も行いやすいです。

関係を築くためには、コミュニケーションを行う必要があります。コミュニケーションとは、人がお互いに意思や感情、思考を伝達するためのものです。企業・個人が一方的に行うものではないです。

人は生まれてきてから、現在まで様々な体験を経験し、今の自分というものがあります。心の奥底には、今までの経験などに基づいたイメージや仮説というものが存在します。いわゆる、固定観念でもあります。

そのイメージや仮説に沿って、行動してしまう傾向にあります。これは、”メンタルモデル”とも呼ばれています。

メンタルモデルが1度構築されてしまうと、認識や意思決定を行う場合は、既に構築されてしまったメンタルモデルによって影響を受けます。

アクセス解析などからのキーワード調査や、ヒアリングなどを元にして、シナリオを作るを作ることで、ユーザーがどのようなメンタルモデルを持っているのか。イメージや仮説といったものが見えてきやすいです。

逆に言えば、企業・個人が提供しているサービス・商品を、どのようにしてユーザーに提供しなければいけないのか。もしくは、どのような情報を提供しなければいけないのかが見えてきてます。送り手にとっては、関係を築く上で、理解しやすく、ヒントになります。

ユーザーに満足してもらうために、改善しなければいけないところもみえてきやすいです。

台本(シナリオ)を作るには?

台本を作るためには、ユーザーに実際に経験させるわけですから、制作者が実際に経験するのが早いです。今までの価値観や経験を捨てて、同じ経験をすることで、ユーザーの心の中にある思いや感情を共感しやすいです。

ユーザーといっても、様々なユーザーがいます。

台本を作るためには、企業内であれば、担当者だけではなく、それ以外の社員などから、それぞれがもっている経験や知識をもとに頭を働かせることが必要です。なぜなら、専属の担当者や各部署の社員といった人で、あっても”1人のユーザー”に変わりはありません。

つまり、企業内においては部署を超えた”会議”が必要です。ここでの会議というのは、様々な人が集まり相談を行うことで、意思決定をすることです。

会社の代表者や各部署のトップが、社員を集めて、強引かつ一方的に意思決定をするものではないです。

会議を行うのであれば、ブレインストーミング(Brainstorming)を行うと良いでしょう。

ブレインストーミングというのは、企業内の部署でそれぞれの派閥といったものはありますが、垣根を超えて”発想”を促進するものです。このブレインストーミングを行うためには、守らなければいけない法則というものがあります。

台本を作るためには、ストーリーを考え、プロット(ストーリーの要約)作成し、シナリオの第一稿ができるといったプロセス(進行・過程)があります。シナリオの第一稿の後には練り直すという作業もあります。

ストーリーを考えるのであれば、「起承転結(きしょうてんけつ)」が基本です。

起承転結とは、

起: 「事実など述べる。登場人物などの紹介」

承: 「主人公を中心として、登場人物などに事件や出来事が起こり、話が展開して行く過程」

転: 「ストーリーのヤマ場であり、結果へ向かって変わる。」

結:「結果。事件や出来事が起こり、変化した結末。」

といった構成です。

SEO(検索エンジン最適化)

ユーザーが実際に行う体験を、理想的な形で、経験や知識をもとに頭を働かせ、ウェブサイトの訪問者に満足してもらいます。

これは、検索者が目標のために、検索行動を行い、検索結果に表示されているウェブサイトを訪問し、満足してもらうことでもあります。ここでの満足とは、問題解決といった意味になります。

つまり、ユーザー体験シナリオはSEOとも関わっています。

検索エンジンは、問題を解決するための1つの手段として存在しているといっても、過言ではないです。

問題を解決するための1つの手段と、ウェブサイトのユーザー体験シナリオを作ることは、大事なことであります。

ユーザ体験シナリオを作ることで、検索者に対してウェブサイトのコンテンツ内において、満足な体験をしてもらいます。

その結果、検索者の行動が促されて、価値が生まれます。もしくは、体験した結果、リンクという形で、評価が生まれます。