[記事公開日]2015/05/10

価値のない質の低いコンテンツ

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

価値のない質の低いコンテンツについて解説します。

コンテンツ

価値のない質の低いコンテンツがどのようなものを理解するためには、本来のコンテンツを理解する必要があります。

コンテンツとは、中身です。中にあるのは”情報”です。情報は、人が観賞できるような形で文字や画像といったものに置き換えられます。

情報は、人が生み出したものの中で教養や娯楽の範囲に属しているものです。

例えば、映画や漫画・小説といったものが、コンテンツに該当します。

教養は、教え育てることで、娯楽というのは楽しませることです。どちらも、人の欲求を満たすものです。

SEO

SEO(検索エンジン最適化)において、ウェブサイトを評価する要素として、内部要素と外部要素は欠かせません。

評価を高めることで、検索エンジンの検索結果でウェブサイトを露出・表示させることができます。

内部要素は主に、コンテンツ(情報)をユーザーに最適な状態にしていきます。

外部要素は、外部リンクです。他のウェブサイトからの支持を集める・獲得することでウェブサイトの評価を高めます。

検索エンジン自体はコンテンツ(情報)がユーザーにとって良いものなのか悪いものかを判断することはできないのです。

情報は、コンテンツ上において文章で表現します。検索エンジンは主にテキストを読み取り、インデックスすることで情報を整理し、検索結果で表示します。

文章で表現した情報は、ユーザーが理解し、感情を発生させます。その結果行動を促し、価値や利益が生まれます。他のウェブサイトからの票(外部リンク)も発生されやすくなります。

SEOでは、コンテンツが不可欠であり、検索エンジン上で評価する上では外部リンクもなくてはならないものです。

価値のない質の低いコンテンツを制作してしまうと、価値のない質の低いコンテンツという理由で、手動によるWebスパム対策が適用される恐れがあります。

手動によるWebスパム対策は、Googleウェブマスターツールにウェブサイトを追加することで、確認や再審査をリクエストすることができます。

価値

価値がないとはどのような状態なのか。本来、価値というのは人の肉体や精神の欲求を満たす性質です。

価値がないという状態は、人の肉体や精神の欲求を満たしていない状態であると言えます。

また、人の肉体や精神の欲求の、「人」とはユーザーのことを指しています。

・価値がある状態にするには?

価値というのは、人の肉体や精神の欲求を満たしている状態のことですので、人の欲求を満たすようにする。

人の欲求を考える上では、アメリカ合衆国の心理学者であるアブラハム・マズローが理論化した人の欲求5段階説を参考にすると良いです。

マズローの欲求5段階

自己実現欲求(自分の能力・可能性を最大限に働かせて創造的活動を行いたいという欲求)

尊厳(承認)欲求(集団の中で、価値がある存在と認められたい・尊重されたいという欲求)

社会的欲求(自分が社会に必要とされている・他者を受け入れて愛されたいという欲求)

安全欲求(良い健康や良い生活の水準の維持、社会的な安全(安全性)の欲求)

生理的欲求(人の生きていくために必要な食事・睡眠・排泄といった本能的な欲求)

この5つの欲求があります。尊厳欲求・社会的欲求・安全欲求・生理的欲求の4つが満たされたとしても、自分には適していないと判断した場合は、不満がうまれてしまいます。

不満がうまれてしまうと、人は満足している状態ではなくなります。人が現実なものとはできない状態でもあります。

質が低いとはどのような状態か。本来、質というのは、そのものの良し悪しや傾向などを決定する性質です。ここでの”そのもの”というのはコンテンツ(情報)です。

本質や根本、品質(Quality)でもあります。

本質は、欠くことができないもので、最も大事な根本となる要素。根本は、物事がそこから出発して成り立っている”もと”となるものです。

つまりコンテンツの質というのは、最低限欠かすことができない要素で、そこから出発している情報、または”もと”となるものが、良し悪しを決めていると言えます。

良し悪しを決めるのは、ユーザーです。ユーザーの合致度(ぴったり合う度合い)が高ければ、品質が高いと判断されます。

・質を高めるには?

コンテンツの質を高めるには、最低限欠かすことができない要素で、そこから出発している情報、または”もと”となるものを加える必要があります。

加えるためには、情報の”徹底的な調査”を行います。情報を調べるためには、検索エンジンや書籍、人からの情報といったものから調査します。

調査を行ったものは、ユーザーに対しての品質を高めるために、信頼を検証する・安全を確認することで、”仕上がり”を高めていきます。

その結果、ユーザーの合致度や人の欲求を満たすことができます。

ライティング

価値があるか、ないか。質の低いか、高いか。これらを判断するのは、ユーザーが決めることです。

つまり、ユーザーに情報を伝達し、判断できる状態にしなければいけないことでもあります。

情報をコンテンツ上で表現し、ユーザーに伝達するには、文章をライティング(書く)技術が必要となります。

文章を書くのであれば、ユーザーにとって分かりやすい文章にすると良いです。

ユーザーに伝達し情報を理解してもらうためには、”一方的なもの”ではなく”お互いに意思や思考を伝達”しなければなりません。

これはユーザーを”納得”させる行為でもあります。

納得は説得とは異なり、ユーザーが、送り手(当事者・制作者)の思考や意思を理解し、認めることです。もしくは認めてもらうことです。

一方的では、ユーザーにおいて不満が生まれてしまう恐れがあります。

納得してもらうことができれば、ユーザーの合致度や人の欲求を満たすことができます。