オリジナリティーのあるコンテンツ

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

オリジナリティーのあるコンテンツについて解説します。

コンテンツ

ウェブ業界やその他の業界でコンテンツと普段から何気なく呼んでいます。そもそもコンテンツとはどのようなものなのか。

コンテンツ(Contents)とは中身です。中にあるのは、”情報”です。情報は、人が観賞できる形で画像や文章といったものに置き換えられています。

例としては、漫画や小説、映画といったものが該当します。

情報は、人が生み出したものの中で、教養や娯楽の範囲に属しているものです。

教養は、教え育てるものであり、娯楽は、楽しませるものです。これらは人の欲求を満たすものです。

コンテンツは、世間に広く告げる広告とは異なります。

オリジナリティー

SEO(検索エンジン最適化)において、「オリジナリティの高い記事」を書けば検索順位の上位に表示されやすいと言われています。オリジナリティという言葉が当たり前のように広まっています。

本来のオリジナリティー(Originality)というのは、独創性や創意という意味です。

独創性というのは、”他者をまねる”ことはせず、独自の考えで物事をつくり出す性質や能力のことを言います。

創意は、これまで誰も考えつかなかった考えや思いつきです。

オリジナリティーのあるコンテンツを生み出すというのは、他のコンテンツとは違い、まねることなく、新しい独自の考えでコンテンツを作ることでもあります。

これは、Googleのウェブマスター向けガイドラインにも書かれています。

自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

当たり前のように感じます。当たり前に感じていますが、実際は難しいように思えます。

なぜ難しいのか。それは、オリジナリティーを生むには、これまで誰も考えつかなかった考えや思いつきを必要とするからです。

ただし、独創性というのは、

独創性というモノは、誰もが持ちうることが出来るものだと思う。しかしそれは、自分の周囲の環境や、周りにいる人、マスメディアなどにより無意識のうちにつぶされているのではないだろうか。
http://www.geocities.jp/c_lastry/write/originality.html

上記のページでは、このようなことが書かれています。

人は皆、誰でも持っているものです。そもそも人は”みんな別々の存在”です。誰一人として同じ人はいません。同じ人がいるとすれば、それはドッペルゲンガーかもしれません。

人の考えや思いつきは、当然それぞれによって異なります。

考えや思いつきは人によって異なるのですが、人は生まれて成長する過程で、周囲の環境(人や出来事など)により影響を受けます。生まれてから現在までに様々な影響をうけて”固定観念”がつくりだされているとも言えます。

知らない間に、個人の思考を拘束するような考えが植え付けられて、独創性を奪ってしまっている恐れがあります。

ここまでオリジナリティーを作り出すことは簡単であり、難しくもあるということがわかると思います。

独自の考えを生むには”アイデア”が必要

オリジナリティーは、誰も考えつかなかった考えや思いつきで、物事を作り出すことです。

誰も考えつかなかった考えや思いつきを生み出すには、”アイデア”が必要となります。

発想や想像をふくらませるには、基礎となるデータ(事実や資料)を集まるか、触れるかが重要です。

集めたデータを理解し吸収します。

その後、いかにそのデータを組み合わせるかで独自のものがつくりだされます。

独自の考えをうみだし伝える

オリジナリティーとは、独自の考えで物事をつくり出すことにあります。

独自の考えではありますが、ウェブサイトのコンテンツ上に情報として載せるには、分かりやすい文章で伝える必要があります。

「オリジナリティの高い記事」の”記事”というのは、本来文章で表したものを伝えるための文章のことを指しています。

いくら独自の考えでも、情報として伝達しなければ、人に理解してもらえません。理解して上で、感情が発生し、行動を促します。

行動を促した結果、価値や利益がもたらされます。価値というのは、人の肉体や精神の欲求を満たすものです。