コンテンツSEO

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コンテンツSEOについて解説しています。

コンテンツ

コンテンツSEOという言葉が世の中で出回っています。そのコンテンツとは本来どのようなものか。

コンテンツとは中身です。中にあるのは、”情報”です。情報は、人が観賞できるような状態にしてあるもの。

人が観賞できるようにしてあるため、情報を文字や画像に置き換えられています。

情報は、人が生み出したものの中で、教養や娯楽に範囲に属しているものである。

教養とは教えて育てることであり、娯楽は楽しませること。どちらも、人の欲求を満たすものです。

SEO

SEOとは検索エンジン最適化の略語である。

ウェブサイトを最適化させることで、検索エンジンの検索結果で露出を高める、表示させることができる技術です。

最適化させるためには、”内部要素”と”外部要素”が必要である。

内部要素は、主にコンテンツ(情報)をユーザーに分かりやすい表現し伝えること。外部要素は、他のウェブサイトとリンクにより、支持を集め、ウェブサイトの評価を高める。

コンテンツSEOという言葉が出回っているが、コンテンツがSEOにおいてとても重要なものであることは当たり前のことです。

コンテンツをユーザーのために最適化することで、分かりやすく情報を伝達することができます。伝達されたユーザーは感情が発生し、行動を促します。

その結果、価値や利益が生まれます。価値というのは、人の肉体や精神の欲求を満たした時に生まれます。

価値や利益といったものが生まれることで、ウェブサイトの評価を高めるための外部リンクを集める・発生しやすくなります。

外部リンクは自作自演を行うことでも集めることができますが、検索結果を不正に操作していると判断されるリスクがあります。

ユーザーの問題解決

検索エンジンを利用するユーザーは、主に問題を解決するための1つの手段として用いられます。

ユーザーには自己実現や目標というものがあります。その実現や達成していく過程では、問題が発生することもあります。

発生した問題を解決するために、「情報を検索する」という行動を行います。検索した結果、自らのユーザーは欲求を満たす情報を見つけ出します。

見つけ出した情報を理解することで、行動を促し、答えを導き出していきます。答えが見つかり解決できれば、人は満足します。

ユーザーが求めているものとの”合致度(条件にどれだけ合うかの度合い)”が高ければ、品質(quality)が高いと判断されやすい。

コンテキスト(背景)

情報を文字・文章にしてコンテンツで表現するには、コンテキスト(背景)を理解し、含ませる必要があります。

ユーザーの問題解決といっても、問題は様々なものがあります。

情報のコンテキスト(背景)を理解し、コンテンツで表現することで、ユーザーが求めているものとの合致度を高めることができます。

コンテンツを制作するのが当事者以外の場合は、当事者からコンテキスト(背景)を聞き出す必要があります。いわゆるコミュニケーション。

本来のコミュニケーションとは、一方的なものではなく、”お互い”に感情や思考を伝達し合うことです。

リアリティ(reality)

本来のリアリティ(reality)というのは、リアルっぽさや現実といった意味であるが、”迫真”性・”説得”力とも言い換えられます。

情報のコンテキスト(背景)を理解し、コンテンツで表現することで、ユーザーを説得させたり受け入れさせることができます。

ただ、説得というのは、文章などで相手を納得させたり受け入れさせたりする力であり、”一方的なもの”であるとも言えます。

ユーザーにとっては、売り込みであるとして嫌われてしまう恐れがあります。送り手に意思決定をさせられたという”押しつけ感”が残ってしまいます。

コンテンツでは、ユーザーが求めているものとの”合致度がとても重要なため、ユーザーに十分に理解して承知してもらうことが必要です。

納得してもらうことで、ユーザーの意思で結論づけた・決定を行ったものであり、強い満足感が得られます。

ライティング

コンテンツ上で情報をユーザーに伝える・表現するには、ライティング(書く)技術が必要となります。

検索エンジンは、主にテキストでの情報を読み取り、インデックスし整理した上で表示・評価されます。

つまり、情報を文章にして書くということは、SEOにおいて大切であると言えます。

ウェブサイトの評価を高めるためには、ユーザーに分かりやすい文章で情報伝達を行い、理解してもらいます。

その後、感情を発生させることで、行動を促します。