[記事公開日]2015/05/07

質の高いコンテンツ

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

質の高いコンテンツについて解説します。

コンテンツとは?

中身です。その中身は、人が観賞できる状態した情報。観賞できる状態にするために、文字や画像などに置き換えられる。

情報は、人が生み出した教養や娯楽の範囲に属しているもの。それぞれの人が生み出したものであり、著作物となる。

教養は、人として営む上で必要となる文化といった知識。娯楽は楽しませるもの。

質とは何か

質とは、根本や本質、もしくは品質です。ものの良し悪しを決定するもの。ここでいう”もの”はコンテンツであり、もしくはサービスや商品。

根本は、成り立っている基礎となるもの。本質は、欠かすことのできない、最低限持たなければいけないもの。

品質(Quality)は、最低限の基礎としてものが備わっており、人の要求をみたしているかを決めるもの。

質が「高い」とはどういう状態なのか?

質が高いとは、「欠かすことのできない最低限持たなければいけないもの」が備わっていることが挙げられる。

また、人の要求をみたしているか、求めているものとの合致度が高いことが挙げられる。

要求とは、ユーザーが必要である、または当然なことであるとして、相手に強く求めることである。

ここでの相手とは、ウェブサイトの運営している、もしくはコンテンツを制作した当事者である。

つまり、”人の欲求”と”質が高い”ということは、密接な関係があると言えます。

質を高めるためにはどうすれば良いのか?

コンテンツで、質を高めるためには、まずは欠かすことのできない、最低限持たなければいけない情報を加える必要があります。

最低限持たなければいけない情報を探すためには、検索エンジンの検索結果や書籍、人のコミュニケーションから見つけることができるでしょう。

もしくは、情報を集めて整理し、コンテンツ上で表現する必要があります。

サービスや商品に関するコンテンツを作るのであれば、制作者が当事者であれば、ユーザーのために、欠かすことのできない最低限持たなければいけないものを理解しているでしょう。

理解できていないのであれば、修得する必要があります。修得というのは、技術などを学び、身につけて”自分のもの”とすることです。

当事者以外であれば、当事者や代表者から”聞く”、もしくはコミュニケーションを行う必要があります。

コミュニケーションとは、人が”お互い”に感情や思考を伝達し合う、情報伝達です。一方的なものではなく、お互いに伝達しあう必要があります。

コミュニケーションを行うことで、情報そのものや背景(コンテキスト)も理解できます。成り立っている基礎となるものを理解する上で、この背景(コンテキスト)はとても重要です。

相手からの情報を、受け入れて取り込むことで、最低限持たなければいけないものをコンテンツに加えることができます。

コンテンツを制作する場合は、質が高いかどうか、もしくは要求をみたしているかを思考します。

その後で、分かりやすい文章で書かなければいけないです。これには、ライティングの技術を修得する必要があります。

人の欲求を満たすには、人に理解させて満足させなければいけません。

欲求を満たすことで、肉体や精神の欲求を満たすことができます。欲求を満たすことで、人の行動を促し、その結果価値や利益がもたなされます。

人の欲求を満たす

人の欲求を満たすのであれば、人の欲求を理解しなければなりません。

マズローの欲求5段階

人の欲求を理解する上では、アメリカ合衆国の心理学者であるアブラハム・マズローが、理論化した人の欲求を5段階で表したものが参考となります。

1段階から5段階まで、1つの欲求が満たされると、人はさらに1段階ずつ欲求を求めていきます。

人の基本的欲求は、

自己実現欲求(自分の能力・可能性を最大限に働かせて創造的活動を行いたいという欲求)

尊厳(承認)欲求(集団の中で、価値がある存在と認められたい・尊重されたいという欲求)

社会的欲求(自分が社会に必要とされている・他者を受け入れて愛されたいという欲求)

安全欲求(良い健康や良い生活の水準の維持、社会的な安全(安全性)の欲求)

生理的欲求(人の生きていくために必要な食事・睡眠・排泄といった本能的な欲求)

この5つの欲求があります

品質(Quality)においては、信頼性や安全性が求められ、マズローの欲求5段階説では「安全欲求」に該当します。