[記事公開日]2015/05/02

ユーザー像を設定し絞り込む”ペルソナ”

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

ユーザー像を設定し絞り込む”ペルソナ(persona)”について解説します。

心理学

本来のペルソナというのは、古典劇で役者が用いる仮面のことを言う。一般でスイスの精神科医・心理学者であるカール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung)の概念でもある。

様々な人と関わりあっていく社会では、仮面を身につけて、周囲の環境に適応しようとする。

不満に思っているなどがあっても周りに適用しようと仮面をつける。時に仮面の外し本来の自分を姿をさらけだす。その結果、周囲に影響を与えてしまう。

マーケティング

アンケートやアクセス解析などのデータを元にして、架空のユーザー像を設定する。

ユーザー像を設定することで、ユーザーの求めている商品やサービスを作りやすくなります。

またサービスや商品に関する情報をユーザー像を絞り込むことによって、的確に届けることもできます。

情報を届けることで、サービスや商品がより使いやすくなり、身近なものとなります。

SEO

SEOは、検索エンジンの検索結果でウェブサイトを露出・表示させるものです。露出・表示させた結果、流入の増加や利益をもたらすもの。

検索結果で上位に表示させるためには、主にコンテンツの評価による内部要素と、他のウェブサイトからの評価による外部要因で決まります。

コンテンツは、情報を主に文章にして表現します。情報はユーザーの求めているものを記事しなければなりません。

ここでの記事というのは、文章で表したものを伝えるための文章です。

ペルソナにより、ユーザー像を設定することで、求めている情報を的確にコンテンツ内で記事にすることができます。

求めている情報を載せることで、ユーザーが情報を理解し、感情が発生します。その結果、行動を促し、価値や利益を生みます。

場合によっては、検索エンジンの上位表示要因である外部リンクも発生します。

行動とは、情報を元に身をもって経験することです。体験することで、肉体や精神的な欲求が満たされます。

人の欲求を満たすためには、仮面を身につけた中、奥底に知る必要もあります。本能的な部分。

ユーザー像を設定する

ユーザー像を設定するには、多くのデータを集める必要があります。

その中から、統計をとることで、ユーザー像を設定しやすくなります。

この場合は、ばらつきのあるデータの中から規則性を見つける統計学を学ばれると良いでしょう。