コンテンツの文字数

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コンテンツの文字数について解説します。

コンテンツ

コンテンツとは、中身。人が観賞できるようにした情報。その情報を、文字や画像に置き換えたもの。

中身の情報は、著作物であり、人が生み出した教養や娯楽の範囲に属しているもの。

例えば、映画・漫画・小説といったもの。

文字数とSEOの関係性

Google検索は単に文字数や数えて、多ければ上位表示させるものではないです。少なくても上位表示するものもあります。

文字数よりも大切のは情報です。コンテンツ上でいかに文章で情報を表現するのか。

受け手にとって情報を伝わりやすい形で文章にすると、コンテキスト(背景)も文章の中に含ませる・具体的な表現にしようとします。

このような場合、文字数が自然と増えてしまうこともあります。SEOだからといって、文章は増やすものではないです。

ユーザーに分かりやすい文章にすると、自然に増えることもあると考えた方が良いでしょう。ライティング技術も影響してきます。

つまり、文字数が多ければ良いか悪いかという問題ではないです。

検索エンジンは主にテキスト(文章)ベースでウェブサイトのインデックス登録し、中にある情報を整理し、表示させています。

コンテンツ上でいかに収集した情報を理解し、整理を行うかも、検索結果で表示させるためには必要なことです。

また、コンテンツ上で記事にし、受け手が配信した場合に、情報を理解し感情を発生させます。ここでの記事というのは、文章で表したものを伝えるための文章という意味です。

その結果、行動を促し、価値や利益がもたらされます。

これ以外に、検索結果のランキング要因となる外部リンクの発生を促すこともあります。情報を伝わりやすくしたことによる副産物といっても良いです。

業務として取り組む

検索エンジンは単に文字数や数えて、多ければ上位表示させるものではないです。

ただ、企業がSEOを業務として取り組む場合に、数値として目標を設定しなければならもないこともあります。

社員などを教育すると、教育として知識や技術を教え授けなければならないです。

教え授ける場合に、「文字数は上位表示に影響しないので、伝わりやすい文章であれば何文字でも大丈夫です」と伝える。

教え授かる側としては、具体的な目標の設定がないので、効率が落ちる恐れがあります。方向性を見失ってしまうこともあるかもしれません。

効率が落ちてしまうと、企業においては利益が少なくなってしまうことに繋がります。

内製化を行えば、コンテンツを制作するために人件費もかかってきます。

外部に委託・発注する

外部のライターにコンテンツ上の記事を制作してもらう場合も、目的を伝え目標を設定することも必要です。もしくは内容を伝える。

外部に委託・発注する場合は、コミュニケーションが必要となってきます。コミュニケーションとは、人がお互いに感情・思考を伝達し合うことです。

依頼者が、一方的なものでは、制作者の思考を受けとることができません。

制作者は自分の同じ存在ではなく別の存在であり、文字数や制作の考え方も異なっている恐れがあります。

依頼者と制作者がお互いに感情・思考を伝達し合うことで、情報をユーザーに伝わりやすい形で制作してもらうことができます。