スタートアップ・起業家のSEO

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

スタートアップ・起業家のSEOについて解説します。

起業

起業とは、新しく事業を始めることを言います。

ここでのスタートアップも、会社を起業するといった意味です。もしくは、会社が成長を続けていく過程にあることも指しています。

SEO

SEOは、検索エンジンの検索結果でウェブサイトを露出させることができます。

企業においてはユーザーに対して商品やサービスの認知、情報を提供することで、知識として理解、行動を促すことができます。

起業して新しく事業を行うわけですから、最初からユーザーが行う新しく始める事業を知っているとは限りません。

知ってもらうための1つの手段として、SEOを行い、検索結果でウェブサイトを露出させることで、ユーザーに事業の情報を届けることができます。

ユーザーに送り届ける情報は、価値があり、引き寄せるものでないと離れていってしまいます。

価値とは肉体や精神的な欲求が満たされることで生まれるものであります。欲求を満たすのであれば娯楽や教養をコンテンツして送り届けると良いです。

ユーザーを教え育てることで、事業をより効果的に使いやすくなります。また楽しませることで、感情が生まれて行動を促します。

コンテンツを制作するにはコストと時間がかかる

起業を行った事業者が、自らコンテンツを制作するには、コンテンツを生み出すために費用と時間が多少なりともかかります。

情報を収集し、理解。理解した情報を整理し、コンテンツ上にテキストとして書き起こさないといけないです。ライティングの部分。

ウェブサイトのドメインやサーバーといった費用もかかるのですが、事業者自らコンテンツを制作するため、人件費も発生します。

起業を行うと、これ以外に事業者の生活費や事業のための費用など、様々お金がかかってきます。

従業員を雇っているのであれば、さらにお金がかかります。

また、事業者自らコンテンツを制作すると、制作するための時間も奪われてしまいます。

新しい事業を始めると、SEO以外にも行わなくてはいけない業務(経理・経営など)があります。

事業者自らSEOを行う場合は、どこかで時間をもうけなければいけないです。

外部の業者に委託・発注するリスク

起業を行った事業者が、自らコンテンツを制作すると、コストと時間がかかるので、外部の業者に委託・発注することもあります。

外部の業者に委託・発注すると、事業者の負担が減ります。負担は減りますがリスクもあります。

SEOサービスを提供している業者の中には、検索エンジンの検索結果で上位表示させるために不正な行為を行うところがあります。

全てではないのですが、注意しなければいけないところです。

リスクを回避するためには、どのような施策を行うのか。リスクはないのかをきちんと説明し、理解しておくことが必要です。

リスクなどを理解せずに、安易に契約してしまうと、後で不利になってしまうこともあります。契約書といった書類も確認しておきましょう。

不利になって、後で取り返しがつかなくなったとしても、契約したのは、事業者本人ですから。

自らに責任があるとも言えます。