ウェブサイトの記事を外注する

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

ウェブサイトの記事を外注することについて解説します。

記事とは一体どんなものか

ウェブサイトの運営されている方などで「記事を作る」といった言葉を聞きます。でも、「記事」って本来どのようなものなのでしょうか。

Wikipediaや辞書で調べてみると、

現象・存在・状況などを文字からなる単語を組み合わせ、文章で表した事物を、伝えるための文章

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E4%BA%8B

事実を書くこと。また、その文章。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/51648/m0u/

このようなこととして書かれています。

文章のみ

記事と聞くと、どうしても文章を入れる器のようなものを含めて、記事をイメージされていることもあります。

記事とは、伝えるための文章であることや事実を書くものです。

文章

記事というものがどんなものか分かりました。では、本来の記事である文章とはどのようなものか。

文を連ねて、まとまった思想・感情を表現したもの。

https://kotobank.jp/word/%E6%96%87%E7%AB%A0-623293

このように辞書では書かれています。

思考とは、書き手の心に思い浮かべることです。もしくは考えることです。感情とは、物事や書き手以外の他者に対して抱く気持ちです。

ここまでで、分かるのは記事とは文章であり、その文章の中に”思想・感情”を表現する必要があります。

ウェブサイトの運営者が文章を作れないこともある

運営者とは、責任を持って、計画を指揮する立場になります。ウェブサイトを運営したは良いけれども、計画を指揮する立場にありますので、文章を作れないこともあります。

ウェブサイトの運営者は、扱うサービスや商品などの情報に長けています。ただ、情報に長けていても、伝えるための文章を書けるとは限りません。

このような場合は、伝えるための文章の書き方を、身につけて修得する必要があります。

記事を外注するということ

”思想・感情”を表現した文章が記事であることが理解できたと思います。

その記事を外注するということはどのような意味なのか。

会社などで、仕事の一部を、外部に注文してさせること。

辞書で調べてみると、上記の意味でのっています。思想・感情を表現し、送り手に伝わるようにしたものが文章であります。

これを記事を書くことと定義した場合、会社などで仕事として、外部に注文させることを、「記事を外注する」と言います。

外注とは、品物の製造やシステム開発などを外に依頼することです。

書き手が記事を書くと、その人の思想・感情が入ってしまう

思想・感情を表現し、送り手に伝わるようにしたものが文章であり、記事です。

記事を外注するということは、書き手の思想・感情が入ってしまいます。

これは入って当然です。文章というのは、”思想・感情”を表現するものです。

外注するということは、書き手の思想・感情が入ってしまうことでもあります。

このことは、発注先が考慮しなければいけないことです。

発注先の思想・感情を伝達するためには、コミュニケーションが必要

記事とは、伝えるための文章であり、事実を書くものです。文章とは、思想・感情を表現しているもの。

思考や感情

外注する場合、発注先は、書き手に対して思想や感情を伝えなければなりません。ウェブサイトを所有しているのは、送り手である運営者です。

運営者の思想や感情を伝えなければ、世の中に数多くあるウェブサイトの中で、特徴を出すことは難しいと言えます。

発注先の、思想や感情を伝えるのであれば、コミュニケーション(communication)が必要となってきます。コミュニケーションとは、人がお互いに感情・思考を伝達し合うことです。

お互いにコミュニケーション

お互いに感情・思考伝達し合うことで、発注先の感情・思考を受け入れることができます。書き手は発注先に対して感情・思考を伝えることできます。

一方的なもの

書き手が、発注先に対して感情・思考を伝えることができなければ、文章として表現した感情・思考も発注先に伝えることは難しいです。コミュニケーションとは一方的なものではないです。

ここで、発注先と書き手の考えが異なってしまうと、トラブルになってしまう可能性があります。

これは、発注先が、書き手に対してウェブサイト上で表現したい感情・思考を伝えきれていないことでもあります。

発注先は、書き手に対して伝える能力(スキル)が必要となります。

伝える文章である記事を作るのが、運営者や事業者であれば、このような伝える技術はあまり必要ではないといえるでしょう。

伝えるための文章と能力(スキル)

外部に注文・依頼するのであれば、仕事を外部に発注できるクラウドソーシングである「ランサーズ」などがあります。

あくまで、外部に発注できるものです。記事の作成を依頼された書き手が、どのような能力(スキル)があるのかを見極める必要があります。

記事というのは、事実を書く・伝えるための文章であります。ライティングの技術があった方が良いです。

それだけではなく、発注先(ウェブサイトの運営者・送り手)の感情・思考も情報と一緒に伝える能力が問われるといえるでしょう。

ウェブサイトのコンテンツは、情報を文章として置き換えることで、感情を揺さぶります。揺さぶることで受け手の感情を反応させて行動を促します。

行動した結果、精神的な欲求が満たされて、受け手にとっての価値が生まれます。