[記事公開日]2015/04/27

コンテキストとSEO

Pocket
LINEで送る

コンテキストとSEO(検索エンジン最適化)について解説します。

コンテキスト

コンテキスト(context)とは、「文脈(ぶんみゃく)」と呼ばれています。文章の道筋でもあります。道筋とは、正しい順序である。正しい順序で、文章を書くには、”前後関係(背景)”が必要です。

コンテキストとは、「コンテクスト」とも呼ばれています。

SEO

SEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジンで上位表示するためには、ウェブサイトの内部要素と外部要素の評価を高めることです。

内部要素というのは、主にコンテンツ(content)の評価による加点です。外部要素というのは、ウェブサイトを評価するための外部リンクです。

特に現在は、コンテンツ(content)の評価で、その副産物といった形により、外部リンクを獲得するケースが増えています。

このコンテキスト(背景)には、Google検索の不正(スパム)行為の取り締まり強化といった部分にあります。

そもそもGoogle の理念には、”ユーザーの利便性”というものがあります。ユーザーの利便性を最も重視しています。

検索エンジンで便利さを感じるのは、外部リンクではなく、コンテンツに文章として置き換えられた情報であると言えます。

また、便利さを感じるのは、コンテンツに掲載されている情報を理解し、実際に行動した時に便利さや満足という欲求を満たした時に感じます。

つまり、ユーザーの欲求に、どれだけ答えることができ、行動を促せるか。

SEOはこれを考えるべきであるとも言えます。

コンテンツの制作

検索結果で上位表示させるためには、ウェブサイトの内部要素が必要です。

内部要素には、コンテンツの評価も含まれています。検索結果で上位表示するための加点となります。

ここでのコンテンツというのは、人が観賞できる形にした情報です。情報とは、創造的活動により生み出されるものの中で、教養や娯楽といったものです。

例えば、映画や漫画、小説といったものが該当します。

コンテンツを評価するのは、ユーザーです。検索エンジンが直接、コンテンツの評価をするわけではありません。

送り手が、受け手にコンテンツを配信し、受けとり、情報を理解し、感情が働きます。ここでの受け手とはユーザー(読者や検索者)。送り手とは、運営側やコンテンツ製作者です。

その結果、行動を促し、検索結果の上位表示要素で重要になるリンクが生まれやすくなります。

情報を文章に置き換えて表現しているコンテンツで、受け手にとって理解してもらいやすくするためには、文章の道筋や情報の背景となるコンテキストが必要となります。

コンテンツが教養して配信されるものであれば、受け手を教え育てることです。教えて育てていく過程では、受け手は問題が発生することがあります。

その問題を解決するためには、情報の道筋や背景を理解し、コンテンツに文章として置き換えて、受け手に伝えなければ伝えることは難しいです。

情報に道筋や背景を加えることで、送り手にとって精神的な満足や理解が得られやすくなります。

送り手にとって、肉体や精神的な満足を与えることができれば、価値といったものが生まれます。

人は、肉体や精神的な満足を求める欲求が備わっています。

ライティング

受け手にとって、分かりやすく理解できるコンテンツを制作するためには、ライティング手法を学ぶ必要があります。

ライティング(Writing)とは、書くことです。書くという行為は、昔から情報を伝達するために人が用いてきた最もポピュラーなものであると言えます。

検索エンジンは、ウェブサイト内のコンテンツを巡回し、インデックス登録します。

その後、情報を整理。整理された情報が検索結果で表示されます。コンテンツに掲載されている情報を整理する上では、テキスト(文章)ベースが最も適しています。