[記事公開日]2015/04/27

インハウス(内製化)

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

インハウス(内製化)のSEOについて解説しています。

SEOの理解

インハウス(Inhouse)というのは、企業や組織内でSEO(検索エンジン最適化)を行うものです。

企業や組織内でSEOを行うのであれば、まず”SEOの理解”を行わなければいけません。理解とは、しくみ(過程・進行)や状況です。また、これらを論理に判断し分かることであります。

そもそも、なぜ外部に委託・発注せずに内製を行うのか。これには、正しいSEOへの理解ができていないことが挙げられます。

正しいSEOの理解といったものが過程や進行の方法がわかっていれば、外部に委託・発注せず内製化もしやすいです。

委託・発注先の業者は、サービスの詳細やどのような過程で進めていくのかを教えてくれないところもあります。

逆に言えば、SEOを進めていく過程で、分からないことがあれば、企業や組織においてはリスクとなる可能性もあると思います。不安が残る恐れがあります。

つまり、過程・進行や状況を説明し、理解してもらえなければ、外部に委託・発注せず内で行うことになります。内製化したい企業や個人においては、問題です。

コンサルティングとは、業務を観察し、問題の発生を認識し、問題点を指摘。原因を分析し、対策案して発展させていくものです。

内製化したいけれども、SEOの理解ができておらず、企業や組織内で行えないという、問題を解決していくのも、コンサルタントの役目です。

教育

外部に委託・発注せずに企業や組織内でSEOを行うためには、SEOの理解が必要です。理解も必要ですが、過程・進行や状況が分かった後は、企業や組織内にSEOの過程・進行の方法を教育しなければいけません。

教育とは、知識・技術などを教え授けることです。教え授けるためには、”コミュニケーション”が必要となります。コミュニケーションとは、人が互いに意思や思考を伝える情報伝達といった意味です。

インハウス(Inhouse)でのSEOを進行していくためには、こちらから一方的にSEOの教育を提供するものではありません。

知識・技術を教え、理解することで、互いに意思や思考をし、SEOを進行できるようになります。最終的には”卒業”というものがあります。

SEOを提供している業者では、インハウスで行えるようにするためのコンサルティングサービスを提供しているところが存在します。

依頼者が、外部にサービスを発注しているということになり、本当のインハウス(Inhouse)とは異なります。本当に、企業や組織内で内製化するには、サービスを卒業しなければなりませんし、いつかは契約は終了します。

終了した後でも、教育した知識・技術で、企業・個人の発展できるようにしなければいけません。

ただ、実際に企業や組織で進行していくと、問題や課題が発生することがあります。これを解決するのも、インハウスのSEOを提供している業者やコンサルタントの役目です。

背景

外部に委託・発注せず、内でSEOを行うメリットとしては、コンテンツを制作する際に、商品やサービスの背景(コンテキスト)を十分に理解していることにあります。

ここでの、コンテンツとは人の想像的な活動により生み出される教養や娯楽を指しています。または情報。例えば、映画や漫画、小説です。

外部に委託・発注を行う場合は、委託・発注先に、商品やサービスの情報や背景(コンテキスト)を伝えなければいけません。

コミュニケーションを行わなければ、SEOで重要となるコンテンツの制作が不可能です。コンテンツを制作したとしても、不足している部分があり、SEOを活かし、効果を上げることは難しいです。

企業や組織内で、SEOを理解しプロセスを踏まえて行うことで、商品やサービスの情報を理解しています。背景(コンテキスト)も十分に理解しています。

つまり、コンテンツを制作する場合は、情報を文章に置き換えて表現すると、満ち足りて不足のないように、作ることができます。

コンテンツが、満ち足りて不足のないように作ることができれば、検索者にとって満足させることができます。

検索エンジンは、最も検索者の利便性を考えており、こうしたコンテンツは検索結果で表示されやすくなります。

また、満足というのは、精神的なもので、満ち足りた感情を感じることができれば、そこに価値が生まれます。