[記事公開日]2015/04/17
[最終更新日]2015/04/18

SEO業者が顧客に対して行うトレーニング

Pocket
LINEで送る

SEO業者が顧客に対して行うトレーニングについて解説します。

代金を支払うことで、検索結果の上位表示サービスを提供するのがSEO業者であります。上位表示サービスだけではなく、提供しているサービスとして”トレーニング”が含まれることもあります。

SEOにおけるトレーニングとは?

SEOにおけるトレーニングとは、どんなものなのか。一般的にトレーニングというのは、厳しい練習すること・鍛錬という意味になります。

SEOにおけるトレーニングを行うのであれば、鍛錬という言葉が適切ではないでしょうか。

鍛錬とは、「知識を高めて価値(精神)を磨き、人格形成につとめる、鍛えて強くすること」といった意味です。精神を磨きあげるために、鍛錬は厳しいものになります。

では、なぜ知識を高めて価値を磨く必要があるのか。世の中は情報化社会と言われています。

ビジネスにおいて知識は価値のあるものです。SEOは将来的な資産を作ることでもあります。

SEO業者の立場

トレーニングにおけるSEO業者の立場としては、鍛錬を指導する立場にあります。

指導とは、目的に向かって教え導くことです。トレーニングの目的は、人格・SEOの形成です。

指導者とは、教える側の見習うべき手本とならなければなりません。また、依頼者を教え導くためには、思いやりをもたなければならないです。

思いやりとは、相手の心に配慮することです。お金を払っているから、「貴方がやりなさい」ではない。知識を共有するためには、心に配慮することが必要です。配慮することで、相手は知識を取り入れやすくなります。

・人格形成

鍛錬とは、人格形成につとめるとあります。ここでいう人格というのは、依頼者(WEB担当者や企業の代表者など)が該当します。

SEO業者は、依頼者に知識を提供し、自らSEOを行えるようにします。知識を提供するということは、依頼者が提供されたものを理解し、学習することで賢くなります。

トレーニングを体験することで、依頼者はその中で満足し、価値を見つけます。提供されたものを理解するには、指導者として分かりやすいものにしないといけません。

エキスパートとしての形成することで、サービスの提供が終了しても、企業においてエキスパートが存在する限り、価値をもたらす。エキスパートがさらなる人材の育成を行う。

悪徳なサービスや誘惑に惑わされなくなるといったメリットが挙げれます。

・SEOの形成

依頼者をエキスパートとして形成につとめること以外に、SEO自体の形成につとめるのも、トレーニングです。

依頼者に知識を提供し、SEOの形成する。形成することで、ウェブサイトの価値が磨かれ、検索エンジンでの露出を高めることができます。

SEO業者は、SEOの形成にされるように指導する必要があります。

これも、悪徳なサービスや誘惑に惑わされなくなるといったメリットが挙げられます。

WEB担当者をSEOのエキスパートとして形成した場合、不在でも、ウェブサイトは存在しています。

ウェブサイトのSEOを形成することで、エキスパートが不在でも場合でも対応はできます。

Q&A

Q.依頼者に知識を提供した場合、外部に漏れるのではないでしょうか。

A.SEO業者が他の企業と取り引きする場合は、機密保持契約というものを結びます。不安であれば、機密保持契約を結べば良い話です。

ノウハウは依頼者に提供することで、依頼者が価値を持ちます。