コンテンツを制作する

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コンテンツを制作することについて解説しています。

コンテンツとは何か?

コンテンツ(content)とは、中身(内容)のことを言います。中身(内容)というのは、様々あります。

中身

基本的に「情報」です。サービスや商品も一部”情報”に含まれます。コンテンツというのは、中身でもあり、中身は入れかえることもできます。情報か、サービス・商品か。

ウェブサイト内のコンテンツというのは、主に「情報」を文章に置き換えたものです。場合によっては、動画や画像といったものに置き換えることもあります。

分かりやすいものでは、小説や映画、テレビ番組です。これもコンテンツに該当します。このようなコンテンツは、基本的には”娯楽”や”教養”として提供されています。

なぜ、娯楽や教養として提供しているのか。人を楽しませる・心を豊かにしてくれるものだからです。こうしたものには感情が働き、行動を促し、体験することで心が満ちたりている状態になります。これは満足しているということでもあります。美味しいものを食べて、幸福感を味わうのと似ています。

心が満ちたりているということは、「精神の欲求」を満たしている状態です。娯楽や教養として提供されたものに、心を満たされることで”価値”や”利益”が生まれます。

価値というのは、人の精神的な欲求を満たすものです。

価値のある情報というのは、感情が反応し、行動を促します。行動した結果、体験することで”精神的に心が満たされる”情報であるとも言えます。

情報を収集

コンテンツを制作するには、送り手が自ら中身である情報を集めなければなりません。その情報はどこから集めるのか。

・インターネット・書籍から集める

今の時代は、インターネットから比較的簡単に情報を集めることができます。(検索エンジンやソーシャル・ネットワーキング・サービス等から)

もしくは、書籍を買う・借りる。

このように情報が集められます。

せっかく集めた情報ですが、本当に信頼性のあるものかを吟味します。

吟味するのは送り手です。信頼性があるのかを判断しなければならない。判断する場合は、まず情報を理解します。理解した情報は、自ら行動し検証します。検証し、本当に価値のある情報を確かめます。

・他者からの話を情報とする

他者からの話を情報とすることもできます。これも、送り手が情報として提供するには、信頼性を検証します。

情報とする場合は、相手の話をしっかりと聞かなければなりません。

しっかりと相手の話を聞くことで、情報の背景(コンテキスト)も理解できます。情報だけを文章に置き換えても、受け手にとっては、情報の前後関係などが分からず理解しにくいものとなってしまいます。

相手の話をしっかりと聞くということは、相手を受け入れてとり込むことでもあります。(これは「受容(じゅよう)」と言います。)

受け入れることで相手は自分の話を聞いてくれたと理解できます。その結果、共感が生まれます。共感が生まれると、相手は心を開いて話しやすくなります。

受け手

受け手に対して、どのような情報をコンテンツとして提供すれば良いのか。

受け手の求めている情報というのは、信頼性の高い情報を求めています。なぜなら、人の欲求には、安全に生活したいという欲求(安全欲求)があるからです。

提供された情報を理解する受け手は、今の自分にとって必要なものを理解しようとします。人は、自己実現のための欲求や所属欲求があるためです。検索エンジンでは、「検索する」という行動を情報を求めるために行います。

受け手は、送り手から提供された情報を読み解き、必要なものを受け入れて取り込みます。その結果、受け手の精神や肉体的な欲求を満たします。情報を理解すると、行動し、体験します。体験後、精神や肉体的な欲求を満たされます。”価値”や”利益”が生まれるというわけです。

欲求が満たされない・適さないと感じる場合は、”不満”が生じてしまいます。

情報は、受け手にとって欲求を満たすものでなければなりません。欲求を満たすようにコンテンツ上で表現します。

送り手

コンテンツを配信する送り手は、分かりやすく理解しやすい文章にしなければいけないです。(受け手は運営者や制作者も含まれます。)

分かりやすく理解しやすい文章にするには、送り手はライティング(書く)技術を習得します。習得することで、受け手の負担を減らします。送り手の負担を減らせば、それだけ情報が吸収されやすくなります。読みにくい文章では、受け手の苦痛を与えてしまいます。

書く場合には、情報の背景(コンテキスト)も理解する必要があります。

正しく信頼性がある情報でなければ、受け手の問題を解決することはできません。提供することで、送り手を満足させることができます。満足させるためには、解決策を明確にするために、背景(コンテキスト)を理解し、書き込まなければいけないというわけです。

受け手はロボットではないです。人が読んで理解するものです。理解を得るためには、先ほども書きましたが、情報の背景(コンテキスト)を含ませます。単に情報を提供しても、感情を発生させることは難しいと言えます。

背景(コンテキスト)を含ませた情報を、受け手が受け入れて取り込みます。前後関係がはっきりとしているため、なぜそれが発生したのかといった状況が掴みやすいです。喜怒哀楽を共有できることもあります。つまり、感情が働きます。

感情が働くと、人の行動を促してくれます。行動した結果、価値や利益といったものが生まれます。

コンテンツ内で背景(コンテキスト)を含ませた情報を文章に置き換えて制作すると、書き手の負担が増えます。文章を受け手に対して、より短く分かりやすい形で伝えなければいけないからです。

送り手が発信した情報は、障害が入ります。受け手も送り手が発信した障害が生じた情報を読み解きます。送られた情報への理解などの乗り越えなければいけない障害が多々あります。そのため、送り手は情報を理解しやすいような工夫をしなければいけません。

こうした手間は、送り手にとっては面倒くさいものです。情報を正しく分かりやすく伝えるためには必要なことです。送り手に正確に届けることで、信頼や共感といったものも生まれやすいです。