[記事公開日]2015/04/14
[最終更新日]2015/04/17

WEBライティング

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

WEBライティングとは、ウェブサイトのコンテンツ内に情報を文章に置き換えて書くことです。ライティング(Writing)とは、一般の辞書に「書くこと」という意味でのっています。

では、どのようにウェブサイトのコンテンツ内に文章を書けば良いのか。

・情報を収集する

ウェブサイトのコンテンツ内に文章を書くのであれば、まず「情報」を収集しなければいません。

情報は、ウェブサイトのテーマやテーマに関連した情報を集めます。情報は、信頼性を高めるために、できるだけ多く集めると良いです。今では、インターネットから比較的簡単に情報を集めることができます。

また、図書館で書籍を借りる、本屋・ウェブから書籍を購入することでも、情報を集めることができます。

・他者の話を聞き、情報とする

インターネットや書籍を買う・借りる以外に、他者の話を聞き、情報とする場合もあります。

情報を聞き出す際は、メモし保存する、または録音や録画します。後で、文章として書き起こす際に必要になります。

人の話を聞く際は、”しっかりと相手の話を聞きます”。相手の話に対して、頷くことや復唱すると共感が生まれやすくなります。そうすると、相手も話しやすくなります。

相手の話を聞くことで、情報の背景(コンテキスト)も理解できます。ライティングする際は、背景(コンテキスト)も文章に置き換えて書きます。相手に共感を呼び起させることは難しいと言えます。

・整理する

コンテンツ内にのせるための情報をできるだけ多く集めた後は、情報を整理します。集めた情報全てをコンテンツ内に載せるわけにはいきません。

ウェブサイトには、テーマがあります。テーマに沿った情報や関連したものを整理してコンテンツ内に載せる必要があります。情報を整理するというのは、読み手が情報を理解・記憶する際に、負担を軽くする目的があります。

情報を整理するためには、何が必要で、何が不要なのを見分けます。見分ける際には、次で紹介する「理解する」が参考になります。

・理解する

集めた情報を文章に置き換えて書きます。コンテンツ内に書くためには、書き手が”情報を理解する”必要があります。

理解するとは、意味や内容を自分の中に取り込まなければいけないことを言います。これは食べ物を食べて、体内に取り込み、栄養を吸収。吸収することで人が活動する・生きることができるのと似ています。

情報を理解するためには、理解するための知識・技能が必要となることもあります。これは訓練や勉強すれば良いです。

なぜ、知識・技能が必要になるのか。それは情報の中には、正確ではないものも含まれているからです。正確ではないものや不確かなものが含まれていると、読み手は迷ってしまいます。

知識を身につけることで、情報の中から信頼性の高いものを選別できるようになります。不要な情報を捨てることもできます。ウェブサイトのコンテンツ内に信頼性の高い情報を載せることで、読み手の信頼を得ることができます。

・設計図を設定する

書き手が、情報を整理・理解し、選別。その後、コンテンツ内に文章を書こうとします。

ただ、文章をどこから書けば、どんな構成で書けば良いのかといったことで、迷ってしまう場合があります。このような場合に、「設計図」というものが必要なります。

設計図を作り、その上で文章を作成すると比較的書きやすくなります。書き手が迷うことも少なくなります。

設計図を作らずに文章をコンテンツ内に書いた場合でも、「非公開」の状態にして、下書きをいくらでも書けます。

下書きの状態で、理解した情報で文章を書きます。後から、構成はいくらでも考えられます。設計図通りに組みかえることもできます。

その後、完成したコンテンツを公開すれば良い。公開したコンテンツに後から情報を追加・修正することも可能です。後から余裕をもって公開することができます。読み返し、誤字脱字を防ぎます。

これらはウェブサイトの利点でもあります。これが紙媒体といったものになるのは、なかなか難しいです。

・書く

いよいよ、理解した情報を元にしてウェブサイトのコンテンツ内に書きます。

どのような文章を書けば良いのか。これは読み手が情報をより分かりやすく理解しやすいものにすることです。分かりやすくすることで、読み手がコンテンツに掲載された情報を読み解く際に、負担を軽くすることができます。

分かりやすくするということは、”噛み砕いている”ということでもあります。噛み砕くことで、読み手の中に吸収される際に、取り込みやすいです。

ここで注意したいのが、読み手の負担を減らすということは、逆に書き手に負担がかかります。なぜなら、無駄を極力省いて、いかに読み手に分かりやすく理解しやすい文章しなければならないからです。

いかに短くて分かりやすい文章の中に読み手が必要とする情報や内容を詰め込むことができるかということでもあります。

書き手が読み手に対して情報をコンテンツとして発信すると、理解しやすく伝えやすく文章・メッセージで送っています。送ってはいますが、読み手に届くまでノイズ(障害)が入ります。

ノイズが入ってしまうと、読み手にとっては苦痛でしかないです。読み手は発信されたコンテンツの文章を読み、書き手のメッセージを推論で理解しなければいけない。いかにノイズが入らないようにするかも、書き手(発信者)として取り組まなければいけないことです。

読み手にメッセージを理解しやすくするために、書き手はコンテキスト(背景)を文章の中に取り入れます。

人は、”めんどくさい”ことはしたくないものです。苦痛なことも嫌いです。書き手は手間をかけることにより、読み手を負担を減らします。

現代は、”効率”といった言葉がよく使われます。効率というのは、労力に対して、消費されたエネルギーのことを言います。効率的にするというのは、面倒くさいことを極力省いて、いかに消費するであろう労力を使わないことでもあります。

書き手が労力をいかに使わず、読み手にとって情報を分かりやすく理解しやすい文章で表現するかです。いわゆる、文章表現。

読み手に、分かりやすく情報を理解させるうえで、”具体的表現”を使います。読み手は感情を感じます。(安心、不安、勇気、怒りといったもの)

感情は、読み手の想像力が活発に働きます。活発に働くことにより、情報を理解し行動した結果、あたかも自分が体験しているような感覚でイメージしやすくなります。これは書き手と読み手が”共感”しているとも言えます。

なぜ、共感するのか。人は本来群れで行動する生き物です。これは心理学でいうところの「集団欲」、「所属欲求」といったものにあたります。どこかに自分が加わっていたい。同じような体験や共有できる方には惹かれやすいのです。

コンテンツは読むのは、ロボットではなく、”人”です。人には感情というものがあります。具体的な表現を文章で使うことにより、人の感情を反応させます。その結果、行動を促し、ウェブサイトや企業の評価に繋げることができます。

・推敲

文章を書くことができれば、後は公開します。公開する前には「推敲(すいこう)」という作業を行います。推敲というのは、書いた文章を検討し直すことです。検討し直すことで、良い文章にしていきます。

ウェブサイトの利点は、公開した後からでも追加や編集が可能であると書きました。推敲は、基本的に公開前に行うものです。ウェブサイトでは後で検討し直すこともできます。

検討し見直しする際は、複数の視点を持ちます。書き手だけの見方では読んだ時に分かりやすい文章を作るには限界があります。書き手の主観だけなると、どうしても感情が入りがちになります。

客観的に見ることや、推敲を他者に依頼することも、読み手に分かりやすい文章を作る際は必要になってきます。

・実践

ここまでWEBライティングに解説しました。あとは、実践です。

一般的に、フリーライター(文筆家や記者)と呼ばれている方は、多くの文章を書いています。つまり、多くの情報を扱ってきている・触れています。文章も数多くの文章に触れています。今から始めてライディングを行う方もいますが、プロとアマとではかけてきた時間の差というものがあります。

かけてきた時間の差を埋めるには、多くの時間をライティングの勉強に当てれば良いだけです。今の時代は、お金が誰でもウェブサイトを持てますし、書くことのできる場所は意外とあります。

 

コメント(1) WEBライティング