コンテンツマーケティング

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コンテンツマーケティングとは、一般的に企業が顧客や消費者などに対してコンテンツ(情報)を提供。提供されたコンテンツに対して、顧客や消費者などが興味・関心を持ちます。

利益につながる行動を引き起こす。その結果、売上げに繋げる・価値を提供するものです。

コンテンツ

コンテンツマーケティングでは、何気なく「コンテンツ」という言葉を使っているように思います。そもそもコンテンツとはどんなものなのか。

コンテンツとは中身です。その中身は人が観賞できるようにした状態の情報。文字や画像などに置き換えられています。

情報というのは、人が生み出したものの中で、教養や娯楽といったもの。一般的には映画・漫画・小説といったもの。

マーケティング

コンテンツというものが理解できたと思います。

次に、コンテンツマーケティングを語る上で、マーケティングについて再度理解してみます。

マーケティングとはユーザーの求めている商品やサービスを作り出し、その情報をユーザーに届け、使いやすくする活動です。利便性の部分。

コンテンツマーケティングで、コンテンツが必要でありますが、マーケティングそのものにもコンテンツがない活動ができないのです。

つまり、コンテンツマーケティングとマーケティングにさほど違いはないと言えます。

本来のマーケティングからすれば、コンテンツが必要なのは当たり前なのです。

SEOとの違い

そもそもSEOとは、コンテンツ(情報)を掲載したウェブサイトを検索エンジンで露出することです。

検索者の流入増加や訪問者が情報を理解し、興味・関心を持ってもらうことです。

最終的な成果に繋げるものという認識です。

成果といっても様々です。お問い合わせ・購入・資料の請求・企業に対する消費者・読者の信頼獲得など。

一方、コンテンツマーケティングは、コンテンツ(情報)を掲載したウェブサイトを、検索エンジン経由だけではなく、ソーシャルメディアなどにも露出させます。

露出させた上で、興味・関心を持ってもらいます。一方、SEOは検索エンジンを主に利用します。

SEOはコンテンツマーケティングの一部です。

どのように興味・関心をもってもらうか

コンテンツマーケティングを行い、どのように興味・関心を持ってもらうか。

コンテンツというのは、人が観賞できる状態にした情報であり、その情報とは人が生み出したものの中で、教養や娯楽といったものです。

ニュースや小説、テレビ番組のようなものであり、売り込みとは異なります。

企業が一方的に自分たちの販売したいもの・売り込みたいものを露出させても、それは単なる押し売りにしかならないでしょう。

興味・関心を持ってもらうことは難しいです。

人には、感情(喜び、悲しみ、怒り、笑いなど)といったものがあります。

企業や個人から提供されたコンテンツ(情報)を理解し、心の働き(心理)や感情が出ます。それにより、行動が引き起こされます。

つまり、人(顧客や消費者など)が、ウェブサイトで掲載されたコンテンツ(情報)を読み手に対して理解させなければいけないです。

理解させるには、ユーザーを受容することが大事です。受容とは、相手を受け入れてとりこむことです。

取り込むことで、相手の裏側にある背景(コンテキスト)を理解することができます。

その上でコンテンツを生み出さなければ、共感してもらうことはまず不可能です。

感情を共有してもらうことで、初めて興味・関心をもらうことができます。いわゆる、”共感”と呼ばれるものです。

これは、ソーシャルメディアを活用する際にも大事です。一方的な情報発信などでは、売り込みととらえられてしまう恐れがあります。

相手の受け入れてとりこんだ上で、発信・露出を行う必要があります。

なぜなら、人は自分のことを理解して欲しい・分かってもらいたいものだからです。

相手のことを受け入れて取り込むことで、裏側にある背景を理解し、発信・露出を行うことで共感が生まれ、相手は心を開きやすくなります。

情報をコンテンツで表現する

ウェブサイトでコンテンツマーケティングを行うには、コンテンツを用意する必要があります。

情報をコンテンツとして掲載するといっても、映像や画像に置き換えて掲載するのか。または別のものに置き換えるのか。

情報をコンテンツで表現するのに、最も適しているのは、”文章(テキスト)”です。

なぜなら、人は古くから情報を伝達するために、文字を石版や書物に書き記し、後世に情報を伝達してきた歴史があるからです。

情報を文章として置き換えて、人(顧客や消費者)に分かりやすくするためには、ライティング(書くこと)を学ぶ必要があります。

読みにくい文章では、理解できず情報に対して興味・関心を持ってもらえません。それどころか、苦痛に感じてしまうこともあります。人は面倒くさいことを嫌います。

それどころか、精神的に満たされなければ、成果に結びつけるための行動を引き起こすことは難しいです。

情報を理解し、感情が働き、行動を促す。行動を促した結果、体験してもらうことで、人(顧客や消費者など)は”価値”というものを感じます。

価値というのは、人の体や精神の欲求を満たす性質です。

コンテンツ内で人の欲求を満たすには、情報に対しても背景(コンテキスト)や詳細なものを書き込まなければ、人の欲求を満たすことはできません。

コンテンツ以外にもサイトのパフォーマンスを向上させる必要もあります。

押し売りではない

コンテンツマーケティングは、ユーザーに押し売りするものではないです。

広告や集客といった活動のみを一般的に”マーケティング”と呼ばれて浸透していますが、本来のマーケティングとは異なってきます。誤解されている。

コンテンツ(情報)というのは、人の創造的活動によって生み出されるものの中で、教養や娯楽といったものです。

教養は、教え育てるという意味であり、押し売りするものではないです。教え育てるには”が必要です。

愛とは、お互いに感情、思考を伝達し合うことで、生まれるものです。ここでの”お互い”というのは、運営者やコンテンツ制作者と、ユーザーです。

娯楽というのも、心を慰め,楽しむものです。押し売りされるものではないです。

お互いの情報伝達ができていなければ、心をなぐさめて、楽しませることは、まず不可能と言えます。

愛という感情を生まれさせるには、コミュニケーションが必要になります。コミュニケーションとは、お互いが感情、思考を伝達し合うことです。

一方的な押し売りには、愛は感じません。また、一方的なコミュニケーションでも、愛を生ませることはできません。

愛とは、送り手である運営者やコンテンツ制作者の発信したものを、受け手であるユーザーが理解し、受け入れて取り込み、かえしてくれた時に生まれるものです。