[記事公開日]2015/03/03

Webサイト運用

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

Webサイト運用サービスの紹介です。

 

サービスの内容

Webサイトを運用するサービスですが、運用とはどんなことを指しているのか。運用とは、辞書で調べてみると「そのもののもつ機能を生かして用いる」ことです。

Webサイトの機能とは、世界・日本中でどこにいても、インターネットの環境が整っていれば、訪問者・読者が内容を理解・認識できるところあります。またはコミュニーケーションもできます。

内容というのは、コンテンツ(content)のことを英語で言います。

 

「コンテンツ」とは、映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラムであって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するもの

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84

 

コンテンツは、セリング(売り込む手段)「企業の商品やサービスを「売るために何をすべきか」、「売り手」を起点としているもの」ではありません。

つまり、コンテンツとセリングは、別々に考えて、Webサイトを運用する必要があります。コンテンツとセリングを区別するのは、まずお問い合わせフォームからWebサイトなどの情報をご連絡頂く必要があります。

Webサイト上にどういったコンテンツを用意すれば良いのか、セリングはどうすれば良いのかを、お客様から、しっかりと受容しなければいけません。企業(個人事業)のサービスや商品、情報を理解しなければ、コンテンツやセリングを用意することはできません。Webサイト上で修正や最適化もできないです。私が所有しているWebサイトではありませんし、実際に事業に携わっているのは、クライアント(お客様)自身です。

Webサイトを運用していくサービスではありますが、最終的には企業(個人事業)様が、問題を解決する、悩んでいることに対して答えを導き出さなければなりません。

サービスは、メール・もしくはチャットサービスで行われます。実際にお会いして、運用を実施させて頂くこともあります。お会いする場合は、関西近郊であれば直接お伺いさせて頂きますが、遠方になると、旅費などを負担して頂きます。

電話での対応は、基本的に行っておりません。「伝えた」、「伝えなかった」などのトラブルになる恐れがあると考えているためです。

 

料金

お問い合わせフォームから、対象となるウェブサイトをお伝えください。そこから、金額をお見積りさせて頂きます。

 

サービスの流れ

1.お問い合わせフォームより、ご依頼ください。

2.内容を確認後、こちらから、メールでご連絡致します。お客様のWebサイトを運用する上で悩んでいることや問題をお伺いします。

3.お客様の悩んでいることや問題をしっかりと受容し、Webサイトの運用法を提案させていただきます。もしくはアイディア。

4.その後、ご納得頂いた上で、入金して頂き、サービスの実施となります。

 

お支払い

こちら指定の銀行口座への振り込み。

 

Q&A

Q.1度訪問していただき、お話することは可能です。

A.はい。関西近郊であれば、お伺いすることも可能です。遠方への訪問も可能ですが、旅費などの費用が発生します。発生した費用は、ご負担して頂く必要があります。訪問する際は、訪問可能日などをお教えください。

Q.メールやチャットサービスでの対応は迅速に行って頂けますか?

A.迅速な対応(24時間)を心がけていますが、個人で行っておりますので、対応が遅れてしまう恐れがあります。

Q.短期間での契約も可能です。

A.可能ですが、短期間になると、お伝えしたWebサイトの運用法を、うまく実施できない恐れがあります。通常の契約期間(6ヶ月)でご利用されることを推奨します。

Q.請求書は発行されますか?

A.はい。契約期間はありますが、1ヶ月ごとで月末ぐらいに請求書を発行させて頂きます。

QWebサイトはどんな業種でも対応していますか?

A.基本的には対応していますが、向き・不向きがあります。また、日本の法律に違反するサイト等はお断りさせて頂きます。これに関しては1度、お問い合わせください。