[記事公開日]2015/02/07
[最終更新日]2015/05/02

コンテンツ企画&最適化

[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

コンテンツ企画&最適化についての紹介です。

コンテンツ

コンテンツを企画すると言っても、コンテンツというのが分かっていないと企画することができません。企画とは、計画を立てることです。

コンテンツというのは、中身。中身にある情報です。世の中に様々な情報というものがあり、目に見えないものもあります。人が観賞できるような状態にした情報のが、コンテンツと呼ばれます。

情報とは、主に人が生み出したものの中で、娯楽や教養といったものが範囲として含まれます。一般的には映画・漫画・小説といったものです。

娯楽は人を楽しませて欲求を満たすもの。教養は教え育てるものです。これらは押し売りではありません。自ら求めにいくものだと言えるかもしれません。

マーケティング

企業においては、ユーザーの本当に求めている商品やサービスを作り、情報を配信していきます。その情報を配信する上で、ユーザーの商品やサービスの使いやすさや興味や関心を得なければいけません。その上でコンテンツという中身の情報はとても重要になってきます。

宣伝や集客といった活動のみが、マーケティングであると一般的に浸透していますが、本来のマーケティングからすると、それは誤解です。

ユーザーを知る・理解する

人が観賞できるような状態にした情報がコンテンツであると書きましたが、ユーザーと言っても様々です。

コンテンツを制作する前に、情報を届けるユーザーを知る・理解する必要があります。ユーザーの行動などを解析できるツール等で、多くのデータを収集し徹底的にリサーチしてきます。

これは企業が提供している商品・サービス、もしくはその情報とユーザーが求めているものを、ぴったりと当てはめていくことでもあります。

ユーザーは、企業が配信したコンテンツの信頼性や安全性といったものに、欲求を満たしぴったりと当てはまることで、行動を促します。その結果、価値や利益がもたらされます。

内容

ウェブサイトのコンテンツ企画&最適化サービスを行います。もしくは既存のコンテンツ最適化も行います。新規ウェブサイトのコンテンツ企画も行います。

こちらからの一方的な提案やアドバイスではありません。個人・企業様をしっかりと受容した上で、コンテンツを企画致します。

ウェブサイトを所有しているのは、当方ではなく”お客様本人”です。

提案を理解し、認めて行うかどうかは最終的にお客様自身が決めるものです。

料金

1度、お問い合わせからご連絡ください。

お問い合わせ時には、対象のウェブサイトURLをお知らせください。

ウェブサイトを確認し、お見積りさせて頂きます。

注意事項

・単発でのコンテンツ企画・最適化というのはお断りさせて頂きます。サイト上を動かしているのは、”人”です。人によってコンテンツが追加される・更新されますので、単発でコンテンツを企画・最適化を行い実践しても、瞬間的なものとなります。

サイトを運営されている以上は、定期的なコンテンツ(情報)の追加や更新は必要不可欠であると考えております。基本的に、運営者(会社)と検索者が繋がるコンテンツを目指しておりますので、それに適さないと判断した場合はお断りする場合があります。

・対象となるウェブサイトを拝見させていただき、SEOやソーシャル面で、不利と判断しお断りさせて頂くことがあります。(例:スパムリンク、運営側でやる気がなく一方的であるなど)